検索結果
関西発ラジオ深夜便 明日へのことば 残された“空襲警報”は語る(3) 生放送に課せられた役割 竹山昭子 ラジオ番組
番組ID

R22059
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.03.19

分数

45

ジャンル

トーク・ワイドショー

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK

出演者

竹山昭子

スタッフ

制作統括:中村豊

概要

昭和20年2月に大阪放送局から電波に乗った陸軍の中部軍司令部(大阪)の空襲警報が、録音盤に残されていた。この録音を「明日へのことば」内で放送したところ、多くのリスナーから戦時の防空放送の記憶が寄せられた。「市民への激励メッセージがあった」、「放送員が敵機の動きを報告する監視哨に叱咤していた」など。警報を担当していた元アナウンサーの山口岩夫さん(97歳)の証言(2014年8月9日放送)を再構成で送るとともに、放送史に詳しい元昭和女子大学教授・竹山昭子さん(87歳)の解説で、当時のラジオが担った特異な役割に光を当てる。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ