検索結果
NNNドキュメント’20 静かな時限爆弾 ~阪神大震災25年 迫るアスベストの脅威~ テレビ番組
番組ID

214772
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2020.02.17

分数

25

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

讀賣テレビ放送/読売テレビ放送(YTV)

製作者

讀賣テレビ放送/読売テレビ放送(YTV)

制作社

讀賣テレビ放送/読売テレビ放送(YTV)

出演者

ナレーション:松尾スズキ

スタッフ

撮影:木谷公久、撮影:小林宏彰、編集:加野理史、EED:中澤丈、音響効果:久保秀夫、MA:久保秀夫、ディレクター:平田博一、プロデューサー:吉川秀和、チーフプロデューサー:堀川雅子

概要

兵庫県明石市の職員だった島谷和則さんは、2013年に中皮腫のため49歳の若さで死亡した。中皮腫はアスベスト(石綿)を吸い込むことで引き起こされると言われる。島谷さんは震災後がれきの撤去作業を行っていたが、当時アスベストの危険性はあまり知られておらず、マスクをせずに作業していた職員もいたという。兵庫県内では震災がれきの撤去に携わった作業員ら5人の中皮腫が労災(公務災害)認定されたが、島谷さんのケースは認定されず、島谷さん亡き後、妻や同僚が公務災害の認定を求める裁判を起こした。アスベストは2006年から製造、使用が禁止されたが、現在、全国で中皮腫による死者は年間1500人以上。震災から25年が経ち潜伏期間が終わることと、当時、各地から警察、消防、自衛隊などが応援に入っていたことから、被害の拡大が懸念される。また、今なおアスベストを含む建物は全国に280万棟ほど残っているとされる。震災アスベストの問題は、過去の話ではない。

受賞歴

ギャラクシー賞(第57回奨励賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ