検索結果
ドキュメンタリー さよならダックス先生 阪神大震災を体験した教え子たち テレビ番組
番組ID

008058
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1995.12.09

分数

65

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

関西テレビ放送(KTV)

製作者

関西テレビ放送(KTV)

制作社

関西テレビ放送(KTV)

出演者

ナレーター:大竹しのぶ

スタッフ

音楽:藤山節雄、撮影:平岡泰博、撮影:香田淳、編集:馬殿陽子、MA:山岡正明、VTR:橋本真紀、効果:大原平吉、タイトル:谷本勝、プロデューサー:堤田泰夫、ディレクター:堤田泰夫

概要

神戸市立湊小学校2年2組担任の鹿島和夫先生は60歳。“ダックス先生”というのは、胴長短足の鹿島先生の体型を見て、子どもたちがつけたあだ名だ。先生は小学校の1、2年生に「せんせいあのね」と語りかけるユニークな作文教育を長く続けてきた。◆鹿島先生の教師生活最後の年に、阪神・淡路大震災が起こった。子どもたちの作文からは、様々な形で日常に影を落とす被災の実態が伺える。自らも被災した先生は、子どもたちの心の傷に細やかな気を配りながら、学校生活の中で癒されていくことを願っている。◆震災から半年。夏休みに鹿島先生は、受け持ちの児童やかつての教え子たちの家を訪ねて回った。みんなの震災体験を聞き、励ましを与えていく先生。番組は、震災を克服しようとする人々の姿を自然体で捉える。

受賞歴

芸術作品賞(第11回ドキュメンタリー部門)、日本民間放送連盟賞(第45回教養番組最優秀)、日本テレビ技術協会賞(第35回日本テレビ技術賞(撮影/平岡泰博))


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ