検索結果
FNSドキュメンタリー大賞 がけっぷちナースの純真 ~乳がんから始まった日々~ テレビ番組
番組ID

203872
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2009.05.30

分数

49

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

岩手めんこいテレビ(MIT)

製作者

岩手めんこいテレビ(MIT)

制作社

岩手めんこいテレビ(MIT)、めんこいエンタープライズ

出演者

ナレーター:坂井真紀、坂口奈央

スタッフ

撮影:高橋直樹、撮影:佐々木潤、音声:藤村貴博、編集:鵜浦千暁、MA:日吉寛、MA:高橋友樹、CG:小野寺勇太、宣伝:石川克年、ディレクター:一戸俊行、プロデューサー:一戸俊行

概要

盛岡市立病院精神科の看護師として働いていた山内梨香さんに、乳がんが見つかったのは4年前。グレード3という最も悪性度の高いものだった。乳房の一部を切除したものの、リンパ節への転移が見つかり抗がん剤治療を受けた。そして職場に復帰して3ヵ月後、山内さんの体を再びガンが襲った。肝臓と左大腿部の骨への転移だった。◆再び抗がん剤と放射線治療の日々。山内さんは副作用が激しい抗がん剤治療を止め、ホルモン治療に変えて仕事に出ようと決意し、午前中のみの勤務で看護師として復帰した。そんな彼女を支えてきたのは両親や友人、そしてガンになる前から付き合っていた恋人だった。◆ガンになってから山内さんは「笑いの療法士」の資格を取得。病室を丹念に回り認知症の患者の話し相手になったり、マッサージをしたり、今までできなかった本来の看護師の仕事ができるようになったという。◆「ガンは誰の身にも起こりうるもの」「ガンになってもいきいきと生きることが大事」。山内さんはガンになって分かったことをブログで発信し、自叙伝を出版して大きな反響を呼んだ。看護師として自分のするべきことに気付き、結婚という希望が見えてきたとき、3度目のガンが再発した。◆番組ではガンを患いながらも周りの支えに感謝して生きる山内さんの輝く瞬間とその日々を追う。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ