検索結果
日曜特集・新世界紀行 スフィンクスと34人のサムライ 第2回遣欧使節団〔1〕 テレビ番組
番組ID

005283
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1988.06.05

分数

47

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

TBSテレビ

製作者

TBSテレビ

制作社

TBSテレビ

出演者

鈴木明、荻昌弘、語り:羽佐間道夫、佐古雅誉、竹内のぶし、植村拓也

スタッフ

制作:山田護、制作:田澤正稔、演出:吉田健、音楽:服部克久、撮影:佐藤満、照明:吉田武志、美術:矢部清、編集:宮原茂太、企画:岩崎守尚、構成:山元清多、音声:椎木洋次、原作:鈴木明、記録:三田真奈美、音響効果:伴田六和、山内直樹

概要

1864(元治1)年、幕府の命を受けてエジプト経由で34人の侍がパリへ向かった。原作「維新前夜」の著者鈴木明・荻昌弘両氏の対談と当時の資料、および「第2回渡欧使節団」の足跡の再現ドラマで綴る。(6月12日終了、全2回)◆1864年4月4日、エジプトのスフィンクスを背に羽織袴の日本の侍27人が並んで写真をとった。一旦開港した横浜港を再び閉鎖する交渉のために欧州に派遣された第2回遣欧使節団の一行である。正使・池田筑後守以下16歳の三宅復一まで総勢34名が、幕藩体制のぐらつきだした国内を後に2月26日出航、上海・シンガポール、スリランカから紅海を北上。植民地化されたアジアを見つつエジプトに至るまでの彼らの心の動きを追う。

受賞歴

ギャラクシー賞(第26回選奨)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ