検索結果
YTSスペシャル 希望の一滴 希少難病に光!ここまできた遺伝子治療 テレビ番組
番組ID

211221
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.08.08

分数

47

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

山形テレビ(YTS)

製作者

山形テレビ(YTS)

制作社

山形テレビ(YTS)、タキオンジャパン

出演者

語り:寺瀬今日子

スタッフ

撮影:岡崎英治、撮影:篠崎順一、撮影:渡部雅之、音声:土田満、音声:武田圭介、MA:大出典夫、音響効果:山崎夏穂、編集:齊藤正、編集:松浦健二、CG:濱道慶佑、ディレクター:稲塚秀孝、プロデューサー:庄司勉

概要

運動機能を司る神経伝達物質。これを作り出す酵素が生まれつき生成できない小児神経難病「AADC欠損症」は、取材を開始した2007年当時、国内でわずか3人だけだった。この難病に苦しむ兄妹の日常生活、患者家族の思い、医師たちの献身的な取り組みを9年にわたって追った。有効な治療法が見つからない中、2015年夏、一筋の光が差し込む。それは遺伝子治療である。日本国内で遺伝子治療が始まったのは1995年。長年停滞していた遺伝子治療だが、副作用の恐れが少ない遺伝子治療薬ベクターの開発により、手術後、患者兄妹の運動機能に劇的な変化が起き始める。寝たきりだった兄妹は車いすに一人で座れるようになり、妹は補助具を使って歩行訓練を開始するまでに回復する。兄妹の運動機能が回復していく映像は、神経難病の専門医や研究者からも注目されている。

受賞歴

日本放送文化大賞(第13回準グランプリ)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ