検索結果
日本!食紀行 殿様が愛したスイーツ ~城下町 松江は和菓子とともに~ テレビ番組
番組ID

209450
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2014.06.08

分数

27

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

日本海テレビジョン放送(NKT)

製作者

日本海テレビジョン放送(NKT)

制作社

日本海テレビジョン放送(NKT)、SVE、民間放送教育協会

出演者

ナレーション:岡崎典子

スタッフ

テーマ音楽:柏木広樹、撮影:岩崎修二、音声:吾郷翔、編集:岩佐みどり、CG:村上伸明、MA:萩原佳和、音響効果:谷内田久貴、ディレクター:濵吉寛匡、プロデューサー:河野信一郎、プロデューサー:雪竹弘一

概要

和菓子が根付く城下町、島根県松江市。市内にはおよそ20の和菓子店があり、スーパーマーケットにも老舗和菓子店が出店している。和菓子のある光景は、松江ではごく当たり前。敷居が高いと思われがちな和菓子の文化が、人々の日常にしっかりと入り込んでいるのだ。◆松江に和菓子が根付いたのには、松江藩7代藩主、松平治郷(不昧公)が深く関わっている。江戸時代後期の大名茶人として知られる不昧公は、和菓子に強いこだわりがあった。そして、不昧公が好んだ3つの和菓子(若草・菜種の里・山川)は、松江を代表する三大銘菓となっている。◆不昧公以来、200年。松江では茶の時間を大切にする文化がしっかりと根付いている。毎日の出勤前に和菓子とお茶という一般家庭や、休憩時間にみんなで和菓子とお茶を嗜む会社もある。和菓子職人たちも皆に喜んでもらおうと試行錯誤し、味も見た目も趣向を凝らした菓子を作っている。番組では、松江の人々に欠かせないお和菓子文化を、老舗和菓子店の職人の仕事ぶりや美しい和菓子の数々を通して見つめる。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ