検索結果
SBCラジオスペシャル 受話器の向こうから 026-237-0555 ラジオ番組
番組ID

R21867
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.05.29

分数

41

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

信越放送(SBC)

製作者

信越放送(SBC)

制作社

信越放送(SBC)

出演者

ナレーション:小林万利子

スタッフ

ディレクター:笠原公彦、プロデューサー:西沢透

概要

リスナーからのメッセージ受け付けがメールやFAX中心となる中、SBCラジオは電話でも受け付けている。受話器を通して語られる笑い、ドラマ、そしてリスナーの人生を描く。◆SBCラジオの朝は、リスナーからの電話とともに始まる。電話の大部分は番組のコーナーへの投稿やメッセージテーマに関するものだが、問い合わせや日常の出来事の報告など、内容は実に様々だ。常連さんもいれば、初めてという人もいる。電話を受けて、言葉を引き出すオペレーターは、40代から60代までの5人の女性。キャリアはそれぞれ4年、16年、20年、32年、35年とベテランぞろいだ。メール投稿に比べれば少数派だが、毎日平均50件の電話が掛かってくる。一体どんな人が電話を掛けてくるのだろうか。電話オペレーターが対応する電話機に録音機を付けて、普段電波には乗らないラジオの裏側を取材した。(録音と番組使用については、リスナーの同意を得ている。)

受賞歴

日本民間放送連盟賞(第64回エンターテインメント番組最優秀)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ