検索結果
九十翁 故郷を描く 松尾敏男 ―文化勲章・名誉県民の日本画家 テレビ番組
番組ID

209545
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.01.31

分数

49

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

長崎文化放送(NCC)

製作者

長崎文化放送(NCC)

制作社

長崎文化放送(NCC)

出演者

松尾敏男、語り:大嶋真由子

スタッフ

撮影:原口啓二、撮影:三瓶若菜、音声:大津恵己、音声:一丸雅彦、選曲:本田康太郎、MA:本田康太郎、タイトル:黒崎久子、ディレクター:野田孝則、プロデューサー:原口啓二、制作:一ノ瀬俊、制作:溝田浩司

概要

2013年9月、日本画壇の重鎮・松尾敏男さんが長崎県から名誉県民の顕彰を受けた。日本国内にとどまらず、インドやイタリアに取材したスケールの大きな作品を描き続ける松尾さん。一方で長崎出身であることを誇りにし、いつか故郷を描きたいという思いを温めてきたという。◆生まれ故郷・長崎の何を描くか、なかなか決められずにいた時、名誉県民の知らせを受け、「呪文が解けたように描きたいところが浮かび」「これが最後の作品になってもいい」との決意で、作品制作にとりかかった。何を描くかは秘密にしたまま…。◆スケッチが始まったのは初夏、2015年の正月で数え九十の画家にとって、大きな屏風絵の制作は予想以上の消耗を強いる。果たして作品は無事完成するのか。生涯現役の日本画家が初めて描く故郷・長崎。そこに込められた思いとは…。長崎文化放送開局25周年記念番組。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ