検索結果
穴の向こうは別世界 島原半島のぞきからくり物語 ラジオ番組
番組ID

R21722
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.05.31

分数

33

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

長崎放送(NBC)

製作者

長崎放送(NBC)

制作社

長崎放送(NBC)

出演者

ナレーション:寄川淑子、語り:林田繁和

スタッフ

ディレクター:藤井真理子、プロデューサー:中村毅

概要

鎖国時代、ビードロ・ギヤマンが長崎の出島を通して日本へと入ってきた。それらを加工して作られたレンズを使った大衆娯楽が、「のぞきからくり」である。屋台にレンズをはめ込んだ穴があり、のぞくと中に仕掛けられた絵が立体的に見える。独特の節にのせて語られる口上が、穴の向こうに広がる極彩色に彩られた別世界へと誘う。希少となったこの屋台と口上を、南島原市の「深江町のぞきからくり保存会」が守り伝えている。メンバーは8人、平均年齢は還暦過ぎ。日本各地に残る僅かなのぞきからくりは、口伝と見よう見まねで伝わってきため、口上ややり方が微妙に異なる。西洋の技術と日本の風土が結びつき、人々の生活の中で育まれた。戦後急激に衰退し、今やその存在すら忘れ去られようとしているが、保存会は雲仙普賢岳災害を題材に新作を創作したり、地元の学校やイベントでの実演など、地道な活動を続けている。その活動を通じて、のぞきからくりに興味をもつ若者も現れてきた。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ