検索結果
11時1分の刻印 ~よみがえる 閃光に消えた町~ テレビ番組
番組ID

208892
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.02.27

分数

48

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

テレビ長崎(KTN)

製作者

テレビ長崎(KTN)

制作社

テレビ長崎(KTN)

出演者

ナレーター:本田舞

スタッフ

撮影:神崎隆司、撮影:増山裕介、編集:古川英明、タイトル:山本竜彦、美術:島村楓、CG:石川守、CG:毛利裕一朗、リサーチ:塩入みどり、リサーチ:小林美穂、ディレクター:本田舞、ディレクター:松永悠作、プロデューサー:赤木健一郎、制作統括:豊福健一郎

概要

1945年8月9日、午前11時2分。原爆が投下され、長崎の町は一瞬にして廃墟と化した。しかし、午前11時1分まで、そこには町があり、人々の暮らしがあった。「原爆の惨状を伝えていくには、被爆前、そこに何があったのかを知る必要がある」と研究者は語る。アメリカが撮影した航空写真や当時の町並みを写した貴重な写真、そして被爆者の記憶のかけらを頼りに、長崎大学の教授や学生が、被爆前の爆心地周辺の町並みをCGで再現した。さらに最新のCG技術を加え、当時の人々の生活がさらに鮮明に浮かび上がった。あの日から70年…被爆者の思いが戦争を知らない世代へ継承される。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ