検索結果
広島発ドラマ 火の魚 テレビ番組
番組ID

207790
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2009.07.24

分数

53

ジャンル

ドラマ

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK、NHK広島

出演者

原田芳雄、尾野真千子、高田聖子、岩松了、笠松伴助、青野光臣、石飛佑樹、河島洋三、堂願優美子、藤山喜子、池田美佐子、笹木真之、藤山千歳、末武太

スタッフ

原作:室生犀星、脚本:渡辺あや、音楽:和田貴史、影絵:浜崎ゆう子、方言指導:今崎仙也、制作統括:行成博巳、プロデューサー:松井修平、美術:土手内賢一、技術:大塚豊、音響効果:木村充宏、撮影:持田立、撮影:前田貢作、照明:縄田徹、音声:北島正司、映像技術:龍口健二、VFX:大西康仁、美術進行:若桑豊治、記録:水島清子、編集:望月博文、演出:黒崎博

概要

世間から取り残された孤独な老人と、時間を慈しむように生きる女性が過ごすひと夏。ぶつかりあい、いたわりあい、笑いあう。命が輝くユーモラスでほろ苦い物語を、瀬戸内の小さな島を舞台に描く。原作:室生犀星。◆広島・大崎下島に住む老作家・村田省三(原田芳雄)のもとに、原稿を受け取るため東京の出版社から編集者・折見とち子(尾野真千子)が通ってくる。小説家と編集者。歳は違うがプロ同士。互いに一歩も譲らず、丁々発止のバトルが繰り広げられる。あるとき小説の装丁を燃えるような金魚の「魚拓」にしたいと思いついた村田は、担当の折見に魚拓を作ることを命じる。魚拓をとるには金魚を殺さなければならない。小さな命を巡って、二人の間にさざなみが立つ。やがて老作家は、若き女性編集者の「秘密」を知ることになる。

受賞歴

芸術祭賞(第64回大賞)、放送文化基金賞(第36回テレビドラマ番組部門優秀賞、演技賞(尾野真千子)、脚本賞(渡辺あや)、演出賞(黒崎博))、ギャラクシー賞(第47回奨励賞)、モンテカルロ国際テレビ祭(第50回テレビ映画部門ゴールドニンフ賞)、イタリア賞(第62回単発ドラマ部門最優秀賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ