検索結果
FNSドキュメンタリー大賞 負ケテタマルカ!! ―画用紙に描いた命の記録― テレビ番組
番組ID

203723
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2008.05.29

分数

48

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

鹿児島テレビ放送(KTS)

製作者

鹿児島テレビ放送(KTS)

制作社

鹿児島テレビ放送(KTS)

出演者

ナレーター:薬師丸ひろ子

スタッフ

音楽:吉俣良、撮影:西村智仁、撮影:鈴木哉雄、音声:有馬聖人、音声:鳥井ヶ原良、音声:日高康太、美術:黒崎佳奈、美術:相良千晴、音響効果:万善弘美、ディレクター:四元良隆、プロデューサー:増留三朗、プロデューサー:堂脇悟、プロデューサー:永吉周一

概要

鹿児島市立病院内に病気の子供たちが通う学校がある。“院内学級”この教室で本田紘輝くん(当時10歳)と出会ったのは2006年春のことだった。紘輝くんは7歳の時に170万人に1人と言われる悪性の脳腫瘍と診断され、以来、常に生死と隣あわせで生きてきた。◆そんな彼が救いを求めたものがある。それは“絵を描くこと”。画用紙に彩られていくカラフルな色には、紘輝くんの“生きたい”と願う望みが込められていた。病室で震える手で絵筆を握って描き続けた彼は、2007年12月28日、12歳の短い生涯を閉じた。◆紘輝くんが絵を描く時に励みにしていた言葉がある。“負ケテタマルカ!!”難病と闘いながら、画用紙に絵を描き続けた紘輝くんの命の記録を通して、生きるとは何かを考える。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ