検索結果
炎の記憶 ~革命家が見たヒロシマ、そして… テレビ番組
番組ID

201384
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2007.12.29

分数

48

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島ホームテレビ(HOME)

製作者

広島ホームテレビ(HOME)

制作社

広島ホームテレビ(HOME)

出演者

ナレーション:鈴木省吾

スタッフ

撮影:熊田好洋、編集:熊田好洋、編集:佐古将毅、MA:有路賢二郎、選曲:渡辺真衣、美術:竹内功、通訳:清野史郎、通訳:佐々木聡子、翻訳:田中順子、ディレクター:石川健朗、プロデューサー:松島弘明

概要

カリブ海の赤い島、キューバ共和国。ここでヒロシマが語られていた。1959年に革命が成功して以来、独特の国家運営が続けられるキューバ。しかし、子供も大人も広島に投下された原爆のことを知っている。中学校の授業で教えられ、毎年8月6日には式典が行われたり、ニュース番組が特集しているのだ。国家元首カストロが演説でヒロシマについて語ることもある。そのきっかけは、革命直後の1959年7月にさかのぼる。キューバの革命家であり、カリスマとして崇められる、チェ・ゲバラが広島を訪れていたのだ。彼は広島に何を見出し、キューバに伝えたのか。ともに行動したオマル・フェルナンデスが詳細に語った。

受賞歴

ギャラクシー賞(第45回奨励賞)、「地方の時代」映像祭(2008奨励賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ