検索結果
山梨放送報道特別番組 さあ、縄文の話をしよう ~ある大工の挑戦~ テレビ番組
番組ID

214733
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2019.09.21

分数

49

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

山梨放送(YBS)

製作者

山梨放送(YBS)

制作社

山梨放送(YBS)、ファーストビジョン

出演者

ナレーション:酒井康宜

スタッフ

取材:小林哲也、撮影:保坂政之、CA:梶原信幸、編集:柳沢康之、音響効果:田村崇典、MA:雨宮光俊、CG:志村裕之、構成:志村久美子、協力:黄春源、プロデューサー:武井功

概要

縄文人のような独特の風体で、自らを「縄文大工」と名乗る山梨県甲州市の大工・雨宮国広さん(50歳)は、大工として経験を積んだが、化学原料を使った大量生産型の家づくりに疑問を持ち30歳で独立し、以後、限りある資源を無駄なく活かす日本伝統の家づくりを貫いてきた。そして、石斧一つで家や舟を作り、現代人が失った生き抜く知恵を持つ縄文時代の暮らしこそ、目指すべき持続可能な生き方と考えるようになった。石斧の技術力が確かな雨宮さんに、国立科学博物館の研究者から、3万年前の航海を再現するプロジェクトに参加しないかと声がかかる。縄文時代よりさらに昔の旧石器時代を再現する初めての挑戦である。雨宮さんは失敗を繰り返しながらも、漕ぎ手の仲間と試行錯誤を重ね、1本の大木から石斧一つで黒潮を横断する丸木舟「スギメ(杉の女神)」を完成させる。そして、台湾から漕ぎ出すスギメを与那国島で待つ。縄文大工として生きようとする雨宮さんは、大量消費時代に生きる現代人に、本当に人間らしく生きているかと問いかける。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ