検索結果
BS1スペシャル ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路 チェルノブイリからフクシマへ 後編 フクシマ 未来の物語 テレビ番組
番組ID

214702
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2017.02.19

分数

50

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK、NHK名古屋

出演者

語り:清水紘治、声の出演:渡辺美佐子、声の出演:沢田靖一

スタッフ

通訳:中神美砂、通訳:吉岡ゆき、通訳:北川和美、通訳:三浦みどり、通訳:松本妙子、撮影:澤中淳、撮影:中野英世、撮影:川崎智宏、撮影:小嶋一行、音声:鈴木彰浩、音声:池田茂、照明:芝丕東、照明:甲斐隆幸、技術:松本健吾、美術:岡部務、映像技術:森嶋淳、音響効果:岩城成生、取材:笹井孝介、取材:梅内庸平、プロデューサー:田中栄一、コーディネーター:アンナ・ヴィノグラドワ、リサーチ:伊藤夏子、編集:岡田圭市、ディレクター:鎌倉英也、制作統括:白川友之

概要

2015年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチ。「核と人間」「国家と個人」の問題を考え続けてきた彼女は、昨年11月に福島の原発事故の被災地を訪ね、人々の声に耳を傾けた。NHKはその旅に独占密着取材。彼女が見た「フクシマ」と、その旅に至る思索の過程を、前編と後編の連続放送によって描く。◆後編では、福島の被災者を訪ね、人々の心の叫びに耳を澄ます。2つの原発事故から浮かび上がった思索とは何か。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ