検索結果
ドキュメント広島 戦地へ響け ヒロシマの音色 テレビ番組
番組ID

215548
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2022.05.31

分数

25

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島ホームテレビ(HOME)

製作者

広島ホームテレビ(HOME)

制作社

広島ホームテレビ(HOME)

出演者

ナレーション:坪山奏子

スタッフ

編集:藤田紗佳、撮影:桑田樹、撮影:濱崎真吾、撮影:榮谷麻衣、撮影:平野和也、撮影:和田昭晴、MA:前田陽一、MA:植田靖央、CG:中西彩子、翻訳:橋村ますみ、ディレクター:花房吾早子、プロデューサー:立川直樹

概要

今年(2022年)2月24日、ロシアのウクライナ侵攻が突然始まった。広島市南区に住む平石さん家族は、その状況を憂えていた。広島市出身の雅史さん(63歳)、ウクライナ出身の妻エレナさん(43歳)と、双子の大志さん、幸一さん(16歳)、三男の英心さん(14歳)の5人家族。エレナさんは英心さんのバイオリン留学に同行してドイツに住み、広島と行き来していたが、1年ぶりの帰国直後に、予期せぬ戦争が始まった。友人や親族から連日のように送られる、戦火に苦しむ母国の映像。何か力になれることはないか。英心さんは、幼なじみの岡野純大さん(16歳)とウクライナを支援するチャリティーコンサートを始めた。それは1回で終わるはずだったが、ウクライナを助けたいという人々の思いから、次々と依頼が舞い込んだ。毎週末のように県内各地で演奏し、来場者は1千人を超えた。再びドイツへ旅立つ前夜までコンサートやイベント出演に追われた英心さんとエレナさん。数え切れない人たちと、被爆地からウクライナの平和を願う心を一つにした。祈りを音楽にのせ、走り抜けた平石さん親子の2か月を追った。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ