検索結果
永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書 ラジオ番組
番組ID

R23522
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2021.11.03

分数

51

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

RKB毎日放送

製作者

RKB毎日放送

制作社

RKB毎日放送

出演者

ナレーション:山崎夕希子、朗読:佐藤巧、朗読:茅野正昌

スタッフ

取材:大村由紀子、構成:大村由紀子、演出:大村由紀子、音声:篠原圭、選曲:寺岡章人、編集:寺岡章人

概要

1945年日本はポツダム宣言を受諾し敗戦した。宣言の中には「戦争犯罪人を処罰する」ことが盛り込まれていた。東京裁判によってA級戦犯7人が絞首刑になったが、捕虜虐待などの罪を問われ、連合国各国の軍事法廷で裁かれたBC級戦犯は合わせて920人が処刑されている。アメリカの第8軍による横浜のBC級戦犯裁判では41人の死刑が確定し、うち7人が巣鴨プリズンで執行された。そのうちの1人、藤中松雄は現在の福岡県嘉麻市の出身だ。太平洋戦争開戦直後、20歳で召集され海軍に入隊。終戦の年の4月、沖縄県の石垣島で、撃墜された米軍爆撃機から脱出した搭乗員の米兵捕虜3人の処刑現場に立ち会うことになる(石垣島事件)。藤中が亡くなってから70年が経ち、初めて明らかになった戦犯事件と裁判の真実。妻と二人の幼い息子を残し、28歳で命を絶たれた青年が遺した言葉を伝える。◆第76回文化庁芸術祭参加(初回放送日2021年5月21日)

受賞歴

日本民間放送連盟賞(2021年教養番組優秀)、放送文化基金賞(第48回優秀賞、企画・制作賞(大村由紀子))


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ