検索結果
SBCスペシャル 消えた村のしんぶん ~滋野村青年団と特高警察~ テレビ番組
番組ID

213408
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2018.05.02

分数

51

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

信越放送(SBC)

製作者

信越放送(SBC)

制作社

信越放送(SBC)、ティ・ブィ・フォー、コンテンツビジョン、アクテック

出演者

ナレーション:三島さやか、朗読:丸山隆之、朗読:飯塚敏文

スタッフ

撮影:橋爪忠博、音声:本島義和、編集:吉田真教、EED:川村博隆、MA:塚田敏康、CG:竹内あずさ、構成:手塚孝典、ディレクター:湯本和寛、プロデューサー:小林徳明

概要

長野県の旧滋野村(現在の東御市と小諸市の一部)では、かつて村の青年団が月刊の新聞「滋野時報」を発行していた。昭和2年(1927)の創刊で、大正デモクラシーの影響を受け、若者たちは高い自治意識を持ち、時報は自由な意見交換の場となっていた。上田・小県地域では33町村すべて「時報」が発行されていた。しかし、昭和15年10月、一斉に廃刊になる。新聞の統廃合を進めた特高警察のうち、長野県の特高警察に関する資料が全国で唯一残っていることがわかった。その中には、各紙が廃刊に追い込まれていった様子や当局の手法が記録されていた。昭和5年に波及した世界恐慌によって紙面が先鋭化すると、監視も強化され自由な言論は弾圧されていった。翌年の満州事変や、共産主義者を大量検挙した「二・四事件」を契機に発禁処分が頻発。戦争へと突き進む過程で、新聞は「自発的廃刊」に追い込まれた。言論の自由はどのように封じられていったのか、当時の資料を紐解きながら、その真相に迫る。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ