検索結果
戦場に音楽の架け橋を ~指揮者 柳澤寿男コソボの挑戦~ テレビ番組
番組ID

204685
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2009.06.20

分数

101

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

BSテレビ東京(BSジャパン)

製作者

BSテレビ東京(BSジャパン)

制作社

BSテレビ東京(BSジャパン)、マーズカンパニー

出演者

ナレーター:遠藤憲一

スタッフ

題字:鳥越俊太郎、ディレクター:井手康行、AD:小島隆補、構成:田中伊知郎、編集:森岡早苗、カメラ:石井健一、VE:久下賢治、音響効果:片山由理、MA:妻藤卓也、CG:ぴーたん、通訳:大塚真彦、編成:名淵朝晴、宣伝:渡辺聖子、プロデューサー:岩田牧子、プロデューサー:大岡サダム

概要

2008年2月にセルビアから独立したコソボ共和国。「国立コソボフィルハーモニー」の指揮者となった柳澤寿男(37歳)は、独立前からこの国に関わり、東京に家族を残して月給3万円の単身生活を送る。数々のコンクールで入賞し、「世界が尊敬する100人の日本人」にも選ばれた彼が営むコソボでの暮らし。コソボがあるバルカン半島は、常に民族対立の歴史と共にある。かつてはセルビア人によって支配されていたコソボは今、対立していたアルバニア人が大多数を占め、その歴史の怨恨からいまだ対立が続いている。柳澤は「音楽」によってコソボに残る民族問題に架け橋をかけようと、両民族の対立を象徴する橋があるミトロヴイッツァでのコンサートを企画した。ミトロヴイッツァに流れるイバル川に架かる橋の両端には、セルビア人とアルバニア人の地区があり、橋にバリケードが張られているわけではないのに、通る人は誰もいない。対立を象徴する橋。セルビア人とアルバニア人が共に奏でる音楽の力を信じて、多くの壁と戦い、実現に向け行動する柳澤寿男の挑戦を追う。

受賞歴

日本放送文化大賞(第6回グランプリ)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ