検索結果
決断 ~新型コロナ、問われる知事の危機管理能力~ ラジオ番組
番組ID

R23004
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2020.05.30

分数

49

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

和歌山放送(WBS)

製作者

和歌山放送(WBS)

制作社

和歌山放送(WBS)

出演者

ナレーション:寺門秀介、ナレーション:覚道沙恵子

スタッフ

制作:堤圭一、演出:堤圭一

概要

全国の感染者がまだ26人だった2月13日、和歌山県北部地域にある中核病院の医師が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。近畿地方で3人目、全国初の医師の感染、院内感染だった。和歌山県の仁坂吉伸知事は、病院に関わる人すべてにPCR検査の実施を決定する。当時は、中国・武漢市から帰国した人や重症者のみにPCR検査が行われていたため、知事は実施に反対する厚生労働省と交渉し、押し切る形で検査の実施を進めた。決断は、医師の資格を持つ女性職員の情報分析を信頼してのことだった。危機に際してのこの対応は米国の大手メディアに称賛され、「和歌山モデル」と呼ばれるようになる。仁坂知事はまた、政府の受診目安などに公然と異議を唱え、さらに自粛要請の前にすべきことは保健医療行政の立て直しであることを訴えるなど、積極的発言が目立つ。県民からの支持を受ける仁坂知事。大きな危機に直面した時、地方自治のトップに求められるものは何か。有識者と共に、求められるリーダー像を探る。

受賞歴

日本民間放送連盟賞(2020年報道番組優秀)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ