検索結果
山懐に抱かれて テレビ番組
番組ID

213384
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2018.11.21

分数

90

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

テレビ岩手(TVI)

製作者

テレビ岩手(TVI)

制作社

テレビ岩手(TVI)

出演者

ナレーター:江口アミ

スタッフ

撮影:田中進、撮影:ますげん、撮影:柳田慎也、ドローン撮影:上屋敷大輝、タイトル:紺野遼真、技術:佐々木健一、構成:佐藤幸一、編集:佐藤幸一、ディレクター:遠藤隆、プロデューサー:遠藤隆

概要

岩手県で山を切り開き、「山地酪農」に取り組んできた吉塚さん一家を24年にわたり取材したドキュメンタリー。◆千葉県市川市出身の吉塚公雄さん(67歳)は、東京農業大学在学中に猶原恭爾博士が提唱した「山地酪農」を知った。夏も冬も牛を山に放ち、シバと自前の牧草で牛を育てる、自然に近い酪農だ。森林を活用した循環型農業に魅せられた吉塚さんは、牧場開拓のため岩手県田野畑村に移り住んだ。夜も明けぬうちから働いて、木を切り倒し、牛を放ち、シバを一本一本植える暮らし。採れる牛乳は安全で安心だが少量しか採れず、貧しい生活が続く。吉塚さんはプライベート牛乳の製造、販売に挑戦し、食への不安が高まる中、山地酪農の牛乳は順調に売上を伸ばすことに成功する。子どもたちの成長につれ、頑固な公雄さんと農場経営について対立もあったが、牧場経営は長男の公太郎さん、牛乳販売は三男の純平さんが受け継ぎ、公雄さんの夢だったチーズなどの乳製品作りは四男の雄志さんが実現した。今は孫たちも牧場を手伝い始め、吉塚さんが自らの人生を掛けてきた「山地酪農」は親から子に、そして孫たちに受け継がれている。

受賞歴

芸術祭賞(第73回ドキュメンタリー部門優秀賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ