検索結果
広島原爆の日ラジオ特集  あの日、母は少女だった ~被爆の記憶をたどる母と息子の対話~ ラジオ番組
番組ID

R22347
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.08.06

分数

50

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK、NHK広島

出演者

朗読:樹木希林、朗読:本木雅弘、語り:中山果奈

スタッフ

脚本:高橋知伽江、制作統括:金澤利夫、技術:田村徹成、技術:金子泰三、技術:藤田晋一郎、効果:野村知成、構成:出山知樹、演出:中山果奈

概要

広島で被爆した母と対話を繰り返し、体験を書き残そうとしている息子。親子の心象を朗読とドキュメントでつづりながら、被爆71年を迎える広島のある家族の日々を描く。朗読は樹木希林と本木雅弘。◆弘子さん(放送当時84歳)は13歳の時、建物疎開の作業中に被爆した。そして大やけどを負い、腕が今も曲がったままだが、美容師として働いてきた。息子の彰敏さんの目には、ハンデを感じさせない母だった。弘子さんは長年、家族にすら自身の被爆体験を語ることはなかった。だが、あるきっかけで昭敏さんはその体験を聞くことになり、弘子さんが想像を上回る悲惨な体験をし、体だけでなく心にも大きな傷を負ったことを知っていく。昭敏さんとの対話は、徐々に弘子さんの心を解きほぐしていった。ようやく語り始めた母と、実感を伴って受け継ごうとする息子の姿を通して、「継承」というテーマに改めて向き合う。

受賞歴

芸術祭賞(第71回大賞)、ギャラクシー賞(第54回優秀賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ