検索結果
ふるさと浪江のために ~浪江焼麺太国~ テレビ番組
番組ID

208278
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2013.12.29

分数

26

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

福島中央テレビ(FCT)

製作者

福島中央テレビ(FCT)

制作社

福島中央テレビ(FCT)、映像工房コム、福島クリエーティブ、メディアCOCO

出演者

ナレーション:緒方太郎

スタッフ

題字:高倉悠志、CG:杉本浩則、撮影:古川篤、撮影:安井一雄、撮影:佐藤努、撮影:粂健治、撮影:冠木孝之、撮影:高萩一之、音声:堤昭、VE:岡部一浩、MA:道音俊夫、ディレクター:伊藤純、プロデューサー:菅澤大一郎、チーフプロデューサー:斎藤裕樹

概要

2013年11月、ご当地グルメによる町おこしの祭典「第8回B-1グランプリin豊川大会」で、福島県浪江町の浪江焼麺太国「なみえ焼そば」が、日本一にあたるゴールドグランプリを獲得した。原発事故でふるさとから避難する中で、浪江焼麺太国がその活動を再開し、B-1グランプリの頂点に立つまでを追った。◆東日本大震災前、浪江焼麺太国は、子どもたちが胸を張って浪江町出身だと言える魅力ある町づくりを目指していた。しかし震災と原発事故によって突如、全町民が避難を強いられる。B-1グランプリに出場し、活動が波に乗ってきた矢先のことだった。浪江焼麺太国のメンバーはふるさとに帰れる日を信じ、「心の復興」を合言葉に、いち早く活動を再開し、「ふるさとのためにもこの活動を続けなければ」と誓い合う。しかし、避難しながらの活動の負担は大きく、活動に参加できなくなるメンバーが増えていった。それでも続けることができたのは、彼らにとって悩みを分かち合い、相談できる仲間がかけがえのない存在だったからだ。そして震災から2年8か月、浪江焼麺太国は活動目的を「町おこし」から「町残し」に替えてB-1グランプリに参加した。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ