検索結果
テレメンタリー2014 ペコロスの母に会いに行く テレビ番組
番組ID

209550
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2014.09.06

分数

27

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

長崎文化放送(NCC)

製作者

長崎文化放送(NCC)

制作社

長崎文化放送(NCC)

出演者

語り:原田貴和子、声:松野芳子、声:佐久田脩

スタッフ

撮影:青木秀訓、撮影:牧嶋勝輝、撮影:朝田睛久、撮影:瀨上総一郎、CA:木村晃子、CA:森恋人、CA:濱田祐輔、CA:宇野元気、字幕:吉野史子、字幕:黒崎久子、MA:内形卓矢、ミキサー:内形卓矢、選曲効果:喜納真弓、撮影:松本譲二、編集:松本譲二、取材:志久弘樹、制作統括:志久弘樹

概要

べストセラーとなった介護エッセー漫画「ペコロスの母に会いに行く」。認知症の母が「(幻影の)父に会った」と話した実話を題材に、“ボケるのも、悪かことばかりじゃないかもしれん”など、重暗くなりがちな認知症介護を明るく前向きに描いた作品だ。その作者で長崎市在住の岡野雄一氏(64歳)が、認知症の母・光江さん(91歳)に会いに行く日々を見つめる。◆光江さんは夫が他界した2000年ごろ認知症を発症。2005年に脳梗塞で倒れ入院、認知症は一気に進み、岡野氏はケアマネジャーの勧めもあって、光江さんをグループホームに預ける決意をする。以来週2回ほど“母に会いに行く”日々を送っている。要介護5の母は認知症が進み、意思疎通も困難な状態。岡野氏はそんな母を「豊潤」という。◆肉親が最愛の家族の記憶を失いゆくとき、私たちはそれをどのように受容し、解脱を図れば良いのか。認知症に直面した時、向き合わなければならない悲哀や絶望を超克する視点に迫る。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ