検索結果
テレメンタリー2009 裁きの瞬間(とき) ~「闇サイト」殺人事件に判決~ テレビ番組
番組ID

204830
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2009.05.02

分数

26

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

名古屋テレビ放送(メ~テレ)

製作者

名古屋テレビ放送(メ~テレ)

制作社

名古屋テレビ放送(メ~テレ)

出演者

ナレーション:鈴木弘子、声:最上嗣生、声:川田紳司

スタッフ

撮影:植村孝章、音声:芝原元気、編集:田崎慎太郎、EED:佐藤和彦、音響効果:下村米太郎、MA:佐藤元紀、ディレクター:酒井千絵、プロデューサー:早川健一

概要

「死刑」と「無期懲役」のボーダーラインともいわれてきた名古屋の「闇サイト女性殺害事件」。2009年3月18日、名古屋地方裁判所は判決で、被告3人のうち2人を「死刑」、自首した1人を「無期懲役」とした。殺害された被害者が1人で、2人以上の被告に死刑判決が出たケースは、過去にはほとんど無い。しかし判決後、3人の極刑を求めてきた遺族は、「1人だけ無期懲役なのは、納得がいかない」と涙ながらに語った。2009年5月から始まる裁判員制度では、私たちが「裁く」立場として「遺族の処罰感情」を目の当たりにする。判決に「遺族の処罰感情」は、どこまでくみ取るものなのか。かつて被害者が1人の事件で死刑判決を出した元裁判長の2人に疑問をぶつけると、その考え方は全く違っていた。番組では「遺族」と向き合いながら、「裁く」ことの意味を考える。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ