検索結果
NHK特集 安野光雅・ファーブル昆虫記の旅〔2〕 南仏・狩人バチの謎 テレビ番組
番組ID

003937
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1988.09.26

分数

46

ジャンル

教育・教養

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK、NHKエンタープライズ

出演者

安野光雅、語り:相川浩、朗読:加賀美幸子

スタッフ

翻訳:奥本大三郎、監修:奥本大三郎、音楽:ミッキー吉野、CG:上原弘子、CG:岩本暁顕、制作:笹川紀久雄、制作:宮下富裕、企画:江口廸子、撮影:塚越貞爾、撮影:湯淺正次、技術:岩崎康彦、技術:森宮肇、技術:宮永賢一、技術:石塚徹、技術:真鍋宣久、技術:加来秀一、技術:伊藤勝彦、編集:吉岡雅春、効果:中村克太郎、美術:豊島征彦、美術:石井剛、取材:諏訪雄一、取材:工藤眞理子、構成:山崎俊一

概要

「昆虫記」で名高いファーブルゆかりの地を、画家・安野光雅氏が訪れ、その水彩画にビデオによる風景や昆虫の姿を重ね合わせて構成するシリーズ。(1988年9月12日開始、全2回)◆後編では、ファーブルが死ぬまで研究と執筆を続けた、南仏セリニャンの地と、後半生に研究した狩人バチの不思議な世界を描く。1879年、この地に家を求めたときファーブルは56歳。実験や研究の場を得るという夢が叶った。65歳で23歳の娘と再婚、3人の子が生まれ計8人の子の父となる。出版した昆虫記の売れ行きも芳しくなく、生活は楽ではなかった。

受賞歴

ギャラクシー賞(第26回奨励賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ