検索結果
チェルノブイリ小児病棟 求められる医療協力 テレビ番組
番組ID

005906
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1993.07.31

分数

47

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島ホームテレビ(HOME)

製作者

広島ホームテレビ(HOME)

制作社

広島ホームテレビ(HOME)

出演者

語り:中里雅子、語り:岡部政明

スタッフ

制作:山本治、演出:芝享、撮影:平野和也、照明:林正美、効果:田中政文、美術:小池裕美、美術:高橋実佐、構成:芝享、音声:飯森昌信、その他:山田英雄

概要

白血病の治療のために広島へやってきたウクライナの少女の様子に、チェルノブイリ小児病棟で奮戦する医師たちの姿を交えて伝え、医療援助の在り方を問う。さらに「放射能汚染」の実際などについて専門家に訊ね、科学的に検証、説明する。◆1992年11月、白血病の治療のため来日したカーチャ。カーチャの国ウクライナは、7年前にチェルノブイリ原発事故が起こった国である。事故の後、国が被災者を専門に治療する病院をつくって対策に当たっているが、現場は様々な問題を抱えている。小児白血病の治癒率は高くても40%で、日本の半分にも満たない。こういった厳しい現実に追い打ちをかけるように、近年子供たちに甲状腺ガンが多発しているという。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ