検索結果
NHK特集 分析・集中豪雨災害 ―何が生死を分けたのか― テレビ番組
番組ID

002999
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1982.08.30

分数

50

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK

出演者

司会:勝部領樹、語り:梶原四郎

スタッフ

取材:斎藤宏保、取材:若林誠一、取材:小嶋富男、取材:竹中一夫、取材:河村雅隆、取材:小平信行、撮影:永見真、撮影:若林茂、撮影:浅野清、技術:渡辺秀男、技術:藤本宏三、技術:吉田英明、編集:児玉達也、効果:秋沢勝、構成:金谷信二、構成:軍司達男、構成:中里尭、制作:安間総介、制作:川上肇

概要

1982年(昭57)夏、日本列島は記録的な集中豪雨にみまわれた。7月23日長崎市を豪雨が襲い、さらに台風13号が追い討ちをかけるように上陸。全国各地で大規模な山崩れが続発し、死者行方不明者は424人に達した。一体、何が生死を分けたのか、災害に隠された事実は何か。取材班は科学的な証明実験を基礎に、奈良県西吉野村の大崩壊、東海道本線富士川鉄橋流失事故を分析。防災上のさまざまな教訓を被災地の事実から積み上げていく。

受賞歴

科学技術映画祭(第24回科学技術庁長官賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ