検索結果
テレメンタリー2016 野生のいのち 死の連鎖 テレビ番組
番組ID

211165
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.07.14

分数

26

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

北海道テレビ放送(HTB)

製作者

北海道テレビ放送(HTB)

制作社

北海道テレビ放送(HTB)、エイチ・ティー・ビー映像

出演者

ナレーション:高橋ひかる

スタッフ

協力:阿部幹雄(映像協力)、美術:松田仁、美術:長谷川卓也、撮影:本田海、編集:芝原久美子、EED:庄司好孝、MA:酒巻良明、音響効果:佐々木堅司、ディレクター:山上暢、プロデューサー:山田佳晴

概要

この冬、オオワシやオジロワシの列車事故が続いた。なぜワシは線路の近くに来ていたのか。その原因は暖冬にあった。オオワシやオジロワシは凍った湖での「氷下待ち網漁」で漁師が捨てる魚を食べることが多いが、この冬は暖冬で漁期も短く、いつものように食べ物は十分ではなかった。魚のかわりに求めたのが、列車の事故に遭ったエゾシカだった。エゾシカの死がワシの死を引き起こす“死の連鎖”が起きていた。そもそもシカはなぜ線路に集まるのか。仮説として浮かんだのは“鉄分”だった。東京の企業の研究チームが、鉄分を多く含むサプリメントを開発。シカを線路から遠ざける決定打となるのか。オオワシやオジロワシの事故防止のヒントは、タンチョウにもあった。釧路湿原の周辺では、線路の近くに巣をつくったタンチョウと列車の事故が続出。環境省とJR北海道は「徐行運転」を実施し、効果を上げていた。野生のいのちの生態を追い、“死の連鎖”を防ぐ手だてを探った。

受賞歴

日本科学技術映像祭賞(第58回文部科学大臣賞(自然・くらし))、科学放送高柳記念賞(第47回優秀賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ