検索結果
よゐこ&スザンヌの旭山動物園日記2010 テレビ番組
番組ID

203840
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2010.01.17

分数

69

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

北海道テレビ放送(HTB)

製作者

北海道テレビ放送(HTB)

制作社

北海道テレビ放送(HTB)、ケイマックス

出演者

よゐこ、濱口優、有野晋哉、スザンヌ、ナレーション:大泉洋

スタッフ

構成:世良田佳男、演出:世良田佳男、CAM:蜜谷司、CAM:平野隆弘、音声:浅野光宏、音声:山田香介、編集:和田智昭、MA:船木優、音響効果:松下俊彦、広報:吉田みどり、広報:北村玲奈、広報:大越亜紀、AD:高木裕太、AD:羽場愛、AP:佐藤恵史、AP:大内登、構成:山崎康生、ディレクター:久野和洋、プロデューサー:小西寛、プロデューサー:長尾真、プロデューサー:山田佳晴

概要

2009年も旭山動物園には、てながざる館、エゾシカの森、ホッキョクギツネ舎など、アイデアいっぱいの施設が次々と誕生した。どれも動物たちの本来持つ能力、自然に近い姿を見てもらおうと考えられたものだ。てながざる館では、移動能力の高さを知ってもらおうと、ジャングルの木のような巨大な遊具や、建物の壁につかまり棒を設置した。だが、テストでテナガザルを放すと、彼らは飼育員たちの予想を上回る移動能力を発揮して慌てさせる。一方、エゾシカの森には、エゾジカが切り立った崖を駆け上がる自然の環境を再現しようと、岩を積み重ねて急斜面が構築された。この施設でエゾシカが見せた野生の姿とは…。ホッキョクギツネ舎でも、木の橋で思わぬハプニングが発生する。ホッキョクギツネは屋根のあった施設から屋外へと移動した。冬のホッキョクギツネは、隣りの施設のシロクマと共に、どんな北極のイメージを見せてくれるのだろうか。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ