検索結果
縛られた鉄路 ―JR北海道を覆う闇― テレビ番組
番組ID

209152
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2014.05.26

分数

47

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

北海道放送(HBC)

製作者

北海道放送(HBC)

制作社

北海道放送(HBC)

出演者

ナレーション:村井裕子

スタッフ

撮影:岩崎光二、音声:大内孝哉、編集:田屋純、EED:白木秀和、MIX:本間伸博、音響効果:高橋伸哉、ディレクター:森創一郎、ディレクター:眞鍋康志、プロデューサー:渡辺圭一

概要

国鉄の歴史が終わりJR北海道が誕生して27年余り。なぜ今JR北海道に信じがたい事故やトラブルが噴出しているのか。北海道各地に伸びる鉄路は約2500キロ。その7割が赤字路線である。過疎化による利用客減少や雪対策など、経営は慢性的な苦境続きだ。現役社員らは「安全を確保するための予算も人員も十分ではない」と証言する。◆そして、JR北海道を悩ませ続ける問題がある。人事にまで影響を及ぼすとされる労働組合の存在だ。複数の組合が職場で対立。ある組合員は「時に“癒着”とも言える労使関係があり、社内の混乱を招いている」と取材に答えた。◆さらなる取材の結果、29年前に開かれた「国鉄再建監理委員会」の録音テープを入手。テープには、一切表に出ることがなかった北海道の鉄路を巡る委員たちの生々しいやり取りが記録されていた。◆なぜ数々の問題は長年にわたり放置され、複雑に絡み合っていったのか。番組は、複雑に絡み合う「縛られた鉄路」の実態を浮かび上がらせていく。

受賞歴

日本放送文化大賞(第10回グランプリ候補)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ