検索結果
ラジオドキュメンタリー 続 ミャンマーのゼロファイター ~戦後71年 国動かした日本兵遺骨調査~ ラジオ番組
番組ID

R21980
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2016.05.20

分数

55

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

九州朝日放送(KBC)

製作者

九州朝日放送(KBC)

制作社

九州朝日放送(KBC)

出演者

ナレーター:沢田幸二

スタッフ

ディレクター:荒木愛子、ディレクター:成井龍之祐、プロデューサー:花田明男、制作:臼井健一郎、録音:福山博樹、編集:長尾雪絵、効果:松尾優子

概要

インパール作戦で知られる太平洋戦争の激戦地、ミャンマーには現在も45000柱の旧日本兵の遺骨がそのまま残されている。一日も早く帰還させようと独自で調査を続けているのは、福岡市出身の僧侶、井本勝幸さんだ。民間人でありながら調査できるのは、彼がこの地である貢献をして、「ゼロファイター」呼ばれるほど信頼を得ているからだ。地元住民の協力を得た井本さんは2000柱の遺骨の埋葬地の情報を厚生労働省に提供し、39年ぶりとなる国による遺骨調査収集へと動かした。2016年2月、井本さんは国の調査団をミャンマーの奥地へ案内した。国が動いたことでようやく、井本さんら民間人には許されていなかった遺骨の発掘、収容が始まった。戦没者遺骨収集推進法も成立した。しかし、すでの終戦から71年が経ち、遺骨収集には困難が伴った。いち早い遺骨収拾に向けた課題を提起する。

受賞歴

日本民間放送連盟賞(第64回報道番組優秀)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ