検索結果
いしぶみ ~忘れない あなたたちのことを~ テレビ番組
番組ID

209939
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.08.01

分数

72

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島テレビ放送(HTV)

製作者

広島テレビ放送(HTV)

制作社

広島テレビ放送(HTV)、ドキュメンタリージャパン

出演者

朗読:綾瀬はるか、ナビゲーター:池上彰

スタッフ

原案:薄田純一郎、原構成:松山善三、撮影:山崎裕、撮影:鈴木克彦、撮影:高野大樹、美術:堀尾幸男、美術:長谷川未和、照明:中川隆一、照明:橋野明智、録音:弦巻裕、録音:森英司、録音:冨田和彦、スタイリスト:椎名直子、ヘアメイク:中野明海、プロジェクション:栗山聡之、小道具:雪入三廣、美術制作:平井治郎、スタジオ担当:牛房修一、スタジオ進行:宮坂博隆、画像処理:織山臨太郎、EED:池田聡、ミキサー:桑木知二、作曲:武満徹、題字:西川美和、演出補:可香谷慧、演出補:大田隆之、演出:是枝裕和、プロデューサー:橋本佳子、プロデューサー:佐藤宏、制作統括:小出和昌

概要

原爆で全滅した広島二中の一年生321人の記録。名作ドキュメンタリー「碑」(1969年放送)を、是枝裕和が現代によみがえらせる。遺族の手記を綾瀬はるかが読み語り、池上彰がリポート。「ヒロシマ」を多声的に伝え、改めて人類全体の教訓とする。戦後70年特別番組。◆太平洋戦争末期、広島では空襲による火災の延焼を防ぐ目的で、市街地の住宅を撤去する作業が続いていた。昭和20年8月6日。旧制広島第二中学校の一年生と教師4人は、作業前の点呼の為に爆心直下の本川土手に整列していた。そして迎えた午前8時15分。上空600メートルで炸裂した原子爆弾・リトルボーイの熱線と爆風は、12歳の少年たちを焼き尽くした。◆全滅した321人の子供たち…。生き残った老父母は「死児の齢」を数えながら、その日の愛児の様子を綿々と綴った。抽象的な舞台美術の中で、その手記を坦々と読み上げていくのは、女優・綾瀬はるか。そしてナビゲーターの役割を担うジャーナリスト池上彰が、なぜ子供たちが満足に食べ物もない中で学徒動員に駆り出されて熱線に焼かれなければならなかったのか、新たな事実を掘り起こす。演出・編集を手がけた是枝裕和は4台のカメラを駆使。松山善三による旧作の脚本に新たな息吹を吹き込み、綾瀬の朗読を被爆70年目の新たな目線で切り取る。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ