検索結果
NNNドキュメント’14 山津波 宅地開発の死角 広島土砂災害の教訓 テレビ番組
番組ID

209482
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2014.09.22

分数

25

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島テレビ放送(HTV)

製作者

広島テレビ放送(HTV)

制作社

広島テレビ放送(HTV)

出演者

ナレーター:松本光生

スタッフ

撮影:日野知行、撮影:高橋文和、撮影:安達忠久、撮影:井田健太、ミキサー:浜口崇、音響効果:加藤久喜、編集:井手愛子、デザイン:金光由香、ディレクター:加藤紗千子、プロデューサー:佐藤宏

概要

2014年8月20日、土石流が広島市の住宅街を襲い、74人が死亡した。被害に遭ったのは昭和30~40年代から急速に宅地化が進んだエリア。そこには広島特有の地形や住宅事情があった。広島市では1999年にも死者、行方不明者32人を出した豪雨土砂災害が発生し、防災体制を強化していたはずだった。しかし今回の災害で広島市が避難勧告を出したのは犠牲者が発生したあと。さらに県もこの地区を土砂災害警戒区域に指定できていなかった。被災者たちは口々に言う「まさか、うちが…」。山裾の住宅地は今、危険と隣り合わせの厳しい現実を突きつけられている。広島市が土砂災害に見舞われて1ヶ月。宅地開発の死角を探る。

受賞歴

ギャラクシー賞(第52回奨励賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ