検索結果
約束の超特急 ~北陸新幹線半世紀の軌跡 富山から~ テレビ番組
番組ID

209342
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.01.03

分数

58

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

チューリップテレビ(TUT)

製作者

チューリップテレビ(TUT)

制作社

チューリップテレビ(TUT)

出演者

ナビゲーター:宮城克文、加藤重樹、いわすとおる、床尾賢一、大西順二、新保正、大石照夫、谷井政夫、舟橋真治、ナレーション:上原一美

スタッフ

題字:笹林玉園、撮影:中根久、照明:渡辺浩章、音声:山田義昭、撮影助手:水野琢磨、ヘアメイク:大村弘二、衣装:野口藍、装飾:沖原範充、CG:田口衛、選曲:篠崎保、MA:葛誠司、演出助手:坂本欣弘、総合演出:笹林英之、制作:馬場宏治、制作統括:服部寿人

概要

2015年3月14日、北陸新幹線・金沢開業。北陸新幹線の建設までの半世紀の軌跡を、ドキュメントとドラマをミックスし、富山県の視点で描く。◆物語は1965年(昭和40)に石川県金沢市で開催された一日内閣からはじまる。富山県の代表として発言した砺波市商工会議所の岩川毅は、佐藤栄作総理大臣の前で東海道新幹線のバイパスとして東京と大阪を結ぶ北陸新幹線の建設を提唱した。日本の発展を視野に入れた発言は、佐藤総理に大きなインパクトを与えた。だがその後、日本経済はオイルショックや国鉄の赤字問題などで財政難が続き、整備新幹線建設は一向に進まなかった。◆そんな中で富山県知事に就任したのは、ミスター新幹線と呼ばれた中沖豊だった。中沖知事の在任24年間は、北陸新幹線の建設促進の歴史でもあった。知事は日本の発展のために北陸新幹線が必要だと、先陣を切って国に陳情を続けた。しかし進まない新幹線建設。県民からは陳情活動は税金の無駄使いだとの声も上がった。そんな中でも中沖知事は、国や地域の発展のために北陸新幹線建設の推進に邁進していった。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ