検索結果
ラジオ沖縄戦後70年特別番組 封印された三十一文字 ラジオ番組
番組ID

R21741
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.05.30

分数

39

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

ラジオ沖縄(ROK)

製作者

ラジオ沖縄(ROK)

制作社

ラジオ沖縄(ROK)

出演者

ナレーション:金城奈々絵、朗読:小橋川響

スタッフ

企画:金城奈々絵、構成:金城奈々絵、監修:前川英之

概要

1968年8月15日、終戦の日の夕方、一人の青年が自ら命を絶った。彼の名は真喜屋実蔵(まきやじつぞう)。6歳の時にある事故がきっかけで失明し、文学者を志して早稲田大学に入学するも、生活の困窮などから人生に幕を下ろした。大学時代の彼を点訳などで支えたのが、友人の塩谷治さんだった。塩谷さんは盲学校の教員となり、晩年、真喜屋さんから預かっていた短歌や詩を集めて歌集『春想』を出版した。そして今年(2015年)2月、おきなわ文学賞の表彰式で、沖縄盲学校の生徒によって、真喜屋さんの作品が朗読され、封印が解かれた。戦後70年の節目に戦争の不条理を伝えるとともに、真喜屋さんと塩谷さんを通して、障害の有無に関わらず、共に生きる喜びを伝える。

受賞歴

日本民間放送連盟賞(第63回教養番組部門優秀)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ