検索結果
戦後70年ラジオドキュメンタリー ようお帰りなさいました 引揚げ港 仙崎の記憶 ラジオ番組
番組ID

R21694
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2015.05.31

分数

45

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

山口放送(KRY)

製作者

山口放送(KRY)

制作社

山口放送(KRY)

出演者

ナレーター:瀬川嘉

スタッフ

ディレクター:大谷陽子、プロデューサー:黒瀬哲成、技術:寺岡岳男

概要

第二次世界大戦で日本が負けると、朝鮮や中国、満州など外地にいた日本人は家も土地も家財も捨てて、一斉に本土に向けて引き揚げた。仙崎が引揚げ港に指定されると、小さな港町は総出で引揚げ者の援護をした。受け入れた引揚げ者は41万人に上る。中谷貞女さん(92歳)は、当時21歳。本土の地に降りたった引揚げ者をお茶の接待で迎え、宿も提供した。お茶を勧めても故郷へのはやる思いで、「駅はどこ?」と尋ねる人が多かったという。中谷さんは当時を偲んで訪れる人に現地を案内し、依頼があれば講演にも出向く。一方、地区の婦人会の女性たちは炊き出しをした。雨が降る中も、冷たい風が吹く日も、大きなおにぎりをリヤカーいっぱいに積み、引揚げ者が上陸する港へと引いていった。長年、婦人会活動を続けている長井美智子さん(81歳)のもとには、婦人会宛に届いたおにぎりの礼状が大切に保管されている。引揚げ港仙崎は、引揚げの歴史と町の人の思いやりを今に伝える。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ