検索結果
ウッティ発! 最後まで全力プレー ―大月高校8人の野球部― テレビ番組
番組ID

208395
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2013.09.25

分数

48

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

テレビ山梨(UTY)

製作者

テレビ山梨(UTY)

制作社

テレビ山梨(UTY)

出演者

ナレーション:新井田雅樹

スタッフ

MA:石井勇人、音響効果:田中健、カメラ:浅川豪、カメラ:長田和也、カメラ:平田祐基、AD:沢井徹、CG:中込茂、CG:龍川登司雄、制作統括:宮坂美千博、制作:植松裕二、プロデューサー:平岡豊、ディレクター:古屋孝樹

概要

山梨県大月市。1956年(昭和31年)創立の大月短期大学附属高校は平成26年3月で閉校となり、58年間の歴史に幕を下ろす。閉校を控え、在校生徒は3年生105名(男子33名)のみであるため、各部活動はほとんど成り立っていない状況だ。野球部にとっても“最後の夏”となった平成25年、部員不足が最大の悩みとなった。野球は9人で行うのに、最後の夏に残った部員は8人だけ…。◆夏の大会への出場も危ぶまれる状況だが、彼らの目標は「試合に勝って、閉校となる大月高校の校歌をグラウンドに響かせること」。24年間に渡り指導してきた永島良幸監督も、最後の夏に部員が8人しかいないことに悩む。それでも、卒業生・職員など全ての学校関係者は、野球部最後の戦いに学校の閉校への思いを重ね合わせ、大きな期待をしていた。◆最後の9人目の選手は助っ人。陸上部やハンドボール部から助っ人を呼び寄せて、何とか出場にこぎつけた。そのため、野球部の戦略は「打って打って打ちまくる!失点は覚悟でそれ以上に点をとること」。監督は部員たちを叱咤激励し、野球部を引っ張っていく。そして部員たちの心にも変化が生まれてくる。8人の選手と監督は最後の夏、どんな物語を作り出すのか。それぞれが成長していく姿、チームがたくましくなっていく様子を描く。

受賞歴

日本民間放送連盟賞(第62回青少年向け番組優秀)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ