検索結果
YBSラジオスペシャル 水腫脹満茶碗のかけら 地方病100年の闘い ラジオ番組
番組ID

R21318
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2014.04.12

分数

53

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

山梨放送(YBS)

製作者

山梨放送(YBS)

制作社

山梨放送(YBS)

出演者

報告:塩澤未佳子、朗読:依田智子

スタッフ

構成:石川治、ディレクター:石川治、プロデューサー:有泉裕人、録音:石川治

概要

「水腫脹満」とは、お腹が膨れて衰弱し、やがて死に至る恐ろしい病。古くから山梨県の風土病で、水腫脹満にかかると欠けた茶碗のように元に戻らず死んでしまう、と言い伝えられた。「地方病」とも呼ばれる「日本住血吸虫病」である。明治中期から原因究明が始まった。甲府市の三神医師が病原寄生虫を発見し、長野県出身の宮入博士は日本住血吸虫が寄生する貝を発見(ミヤイリガイと命名)した。昭和町の医師、杉浦健造・三郎親子は住民の治療に尽力した。こうした努力で治療と予防も進み、1996年に終息が宣言された。一方、ミヤイリガイ駆除のための水路コンクリート化で、国の天然記念物だったゲンジボタルが激減。ホタル愛護会が復活に向けて活動している。海外では今もこの病気で毎年2万人以上が死亡している。市立甲府病院元神経内科医長の林さんは長年フィリピンで患者を治療してきた。また、山梨県内で今もミヤイリガイの生息が確認されている。今後の患者発生の可能性も否定できず、100年以上この病と闘った先人達の思いを風化させてはならない。

受賞歴

日本民間放送連盟賞(第62回報道番組部門優秀)、日本放送文化大賞(第10回グランプリ候補)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ