検索結果
テレメンタリー2009 オバマに核廃絶を宣言させた男たち テレビ番組
番組ID

204964
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2009.11.14

分数

26

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

広島ホームテレビ(HOME)

製作者

広島ホームテレビ(HOME)

制作社

広島ホームテレビ(HOME)

出演者

ナレーション:湯浅真由美

スタッフ

撮影:永金春充、編集:坂本陽一、CG:田中実生、MA:内形卓矢、選曲:冨田康、コーディネーター:福山万里子、翻訳:ジェームス・ジョセフ、翻訳:小泉直子、ディレクター:立川直樹、プロデューサー:河野高峰

概要

2009年4月、チェコのプラハでアメリカのオバマ大統領が演説した。「核兵器のない世界を目指す」。現職アメリカ大統領による、かつてない核廃絶宣言に、被爆地・広島は沸いた。「オバマ大統領を支持する」「オバマさんに広島へ来て欲しい」。平和を願う市民の間で「オバマ」は流行語となった。◆史上初の原爆投下。その後も核政策を推し進め、軍事大国の道を歩んできたアメリカ。その国の大統領が核廃絶を宣言できたのは、なぜなのか。その影には、大統領に大きな影響を与えた4人の重鎮の存在があった。ヘンリー・キッシンジャー元国務長官、ジョージ・シュルツ元国務長官、ウィリアム・ペリー元国防長官、サム・ナン元上院軍事委員会委員長。アメリカの核政策を進めてきた4人は、2007年に「核兵器のない世界」を求める提言をしていた。◆重鎮たちの後押しを受け、オバマ大統領は動き出した。2009年5月ロシアとの核削減交渉を開始、9月に核廃絶の国連決議、10月ノーベル平和賞受賞。世界は4人の描いたシナリオ通りに動き始めている。なぜ彼らは提言したのか、そして「核兵器のない世界」は実現するのか。重鎮たちが答えた。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ