検索結果
NNNドキュメント’11 3・11大震災シリーズ19 シャッターに祈りをこめて 売れっ子写真家が写した被災地 テレビ番組
番組ID

206972
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2011.11.14

分数

25

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

日本テレビ放送網

製作者

日本テレビ放送網

制作社

日本テレビ放送網、ルーカス

出演者

ナレーター:遠藤憲一

スタッフ

題字:柿沼康二、撮影:宮澤信也、撮影:守谷恵美子、EED:細野昌美、ミキサー:浜口崇、音響効果:田上ゆかり、広報:永井晶子、デスク:小野裕子、ディレクター:吉田留美子、プロデューサー:富澤正義、プロデューサー:加藤就一、プロデューサー:千野克彦、プロデューサー:日笠昭彦、チーフプロデューサー:谷原和憲

概要

宮城県塩釜出身の平間至。東京を拠点に広告やCDジャケットを手がける写真家として活躍してきた。久々の帰郷は2011年3月下旬。カメラを手に、変わり果てた町を見て廻った。しかし、残酷な風景を前になかなかシャッターを切れない。かわりに始めたのは、炊き出しや復興ライブの企画だった。祖父が開業した「ひらま写真館」の三代目になるはずだった平間。奔走するのは、家業を継がず故郷を捨てた負い目からだと言う。遺失物の保管所で、彼は写真館で撮影された数々の記念写真と出会う。祖父や父は、人々の喜びの瞬間に立会い、町の記録を残してきた。「俺は何をするのか?」震災から5か月、平間は写真家として被災地と向き合った。東日本大震災、故郷とは、写真とは…、一人の写真家を通して見つめる。

受賞歴

ギャラクシー賞(第49回報道活動部門選奨)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ