検索結果
働くがん患者学校 課外授業 ラジオ番組
番組ID

R20704
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2012.03.20

分数

60

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)

製作者

日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)

制作社

日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)

出演者

より子、語り:蒼井小百合

スタッフ

構成:宮崎裕一、演出:宮崎裕一、制作:宮崎裕一、音声:宮崎裕一、効果:宮崎裕一

概要

「働くがん患者学校」は、就労を続けながら治療を続けるがん患者達が出演し、自らの体験を語り合う中で、共に学び会う“学び舎”。今回は、がん治療を続けながら音楽活動(就労)を続けるアーティストより子を特待生(ゲスト)として迎えての60分の拡大版。◆より子は幼少時に卵巣がん、22歳での卵巣腫瘍という2つの治療を経て、自身の音楽の方向性を見出し、音楽活動を続けている。5歳まで小児病棟で暮らし、子どもはみんな病院に入院するものだと思っていたという。幼い頃から、病気を通して生きることを真剣に考えてきた。「がん患者をかわいそうと思わないで、得てきたものを見てほしい」と訴える。「“生きること”を伝えるために生かされた」と語る彼女の生い立ちをたどりながら、支えてくれた母との絆、「Change My Life」などの曲に込めた思いを聞く。患者同士ならではのトークは明るく楽しく、がん患者イコールネガティブ、というイメージは一掃される。

受賞歴

日本放送文化大賞(第8回グランプリ候補)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ