検索結果
日曜劇場 Tomorrow 陽はまたのぼる〔1〕 テレビ番組
番組ID

202807
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2008.07.06

分数

61

ジャンル

ドラマ

放送局

TBSテレビ

製作者

TBSテレビ

制作社

TBSテレビ

出演者

竹野内豊、菅野美穂、緒川たまき、黒川智花、エド・はるみ、永田彬、橋本真実、六角慎司、村松利史、氏家恵、有村実樹、九十九一、石本武士、秋田真琴、沢木ルカ、松田美由紀、大沢あかね、永島暎子、吉田里琴、田鍋謙一郎、奥田ワレタ、貴詞いち子、柳田努、森本臣泰、高井純子、滝裕次郎、大西耕治、津田聖子、上村敬治、原田哲光、肴フィッシュ、ミノケンジ。、阿部和、大野清志、宮腰裕貴、深沢謙司、緒方心咲、山形祐代、田中実、志賀廣太郎、陣内孝則、岸部一徳

スタッフ

脚本:篠崎絵里子、音楽:長谷部徹、音楽:瀬川英史、TD:森哲郎、撮影:関毅、映像:金子明道、照明:野村修司、音声:小高康太郎、音響効果:鳥水哲也、選曲:御園雅也、編集:松尾茂樹、MA:脇田結花、CG:田中浩征、CG:川鍋昌彦、美術:石田道昭、デザイン:船山和歌子、美術制作:山下杉太郎、衣装:岩本起法子、スタイリスト:平尾俊、スタイリスト:谷口みゆき、スタイリスト:長谷部奈津子、化粧:山口亜希子、監修:今井寛、指導:布施友里恵、編成:山田康裕、宣伝:石田孝宏、Web:広野由美、スチール:小柳法代、プロデューサー:伊與田英徳、プロデューサー:正木敦、演出:山室大輔

概要

かつて外科医師だった市職員が、潰れかけた市民病院の看護師に出会い、やがて病院の再建に立ち上がっていくヒューマンドラマ。(2008年7月6日~9月7日放送、全10回)◆森山航平(竹野内豊)は8年前に医師を辞め、今は海沿いの地方都市にある市役所の職員。気さくで親切で、面倒な仕事でも嫌がらずに対処してくれると評判だ。しかし、彼は心に傷を抱えていた。過去を封印したいあまりに、肝心なところで誰にも心を許せない、心を閉ざしてしまう人間になっていた。◆そんなある日、航平は妊婦が苦しんでいるのに出くわし、今まで避けていた病院に足を踏み入れることになる。その市民病院は大きな赤字を抱え、今にも倒産しそうな状態だった。当然、常勤の産婦人科医はおらず、他の病院に行くようにと追い返される。一番近い病院までは1時間以上。看護師・田中愛子(菅野美穂)は何とか受け入れるようにと医師に願い出る。すると突然「私が診る」と、遠藤紗綾(緒川たまき)が現れる。彼女は市の「病院再建プロジェクト」の中核を担うべくこの病院に派遣されてきた凄腕の脳外科医。彼女は「命はお金で買うもの」という考えの持ち主で、今までいくつもの病院を再建してきたらしい。◆その夜、恒例の七夕祭りで漁港は賑わった。その祭りの最中に爆発事故が起きる。事故に巻き込まれた人々が次々と運ばれてくる市民病院。愛子たちは全力で急患を受け入れるが、医者も看護師も人数が足りない。そこに航平が助けた妊婦・涼子(大沢あかね)が運ばれてきた。涼子は爆発事故に巻き込まれ、気道熱傷を起こしていて母子ともに危険な状態。病院で処置をしているただ一人の医者・薮内二郎(六角慎司)も他の患者で手いっぱいで、涼子を診ることができない。このままでは涼子は窒息してしまう。覚悟を決めて愛子はメスを握り締めるのだが…。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ