検索結果
長崎原爆の日ラジオ特集 ナガサキ・被爆の記憶を歩く ラジオ番組
番組ID

R03416
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2006.08.09

分数

45

ジャンル

ドキュメンタリー・録音構成

放送局

NHK

製作者

NHK

制作社

NHK、NHK長崎

出演者

朗読:守本奈実、語り:江藤泰彦

概要

原爆文学を通じて被爆体験のない世代に記憶を継承する試みを伝える。◆長崎には毎年20万人もの児童・生徒が平和学習で訪れるが、被爆体験を伝えてきた被爆者の高齢化という問題に直面している。体験者がやがていなくなった時、どう語り継ぐのか。長崎証言の会の広瀬さんは、体験を伝える力を文学の表現力に求めた。林京子さんが動員学徒として工場で被爆した体験と、その後の放射能異変を描いた『祭りの場』である。被爆体験のない被爆者二世の太田さんは、作品を読み、林さんと共に林さんが当時たどった道を歩くことで追体験し、その体験を若い世代に伝えようとしている。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ