検索結果
県民カレッジテレビ放送講座 技に生きる ~富山の手仕事~〔5〕 「饅頭と落雁」~駄菓子職人と和菓子職人~ テレビ番組
番組ID

012847
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2000.02.19

分数

29

ジャンル

教育・教養

放送局

北日本放送(KNB)

製作者

北日本放送(KNB)

制作社

北日本放送(KNB)

出演者

語り:有沢義之

スタッフ

制作:濱谷一郎、制作:鞍田朝夫、音楽:野崎弘通、編集:野上良一、取材:濱谷一郎

概要

庶民的な酒饅頭と、茶席で使われる落雁の職人技を伝える。◆酒饅頭は冠婚葬祭用の庶民の菓子だ。山崎さんは和菓子職人。前日に仕込んだ甘酒と小麦粉を揉み上げ、小分けして餡を包んで蒸す。かつては1人の職人が1日800個包んだ。6月1日には無病息災を願い、朔日饅頭を求める人の行列ができる。◆落雁は茶席用の高級な菓子。和三盆糖につなぎ用の少量の蜜と色素を加え、木型に詰めて突き固め、裏返して型から抜く。茶人のもてなしの心を汲んで、四季の美を小さな菓子に表現する。◆酒饅頭(朔日饅頭)づくりの工程、落雁づくりの工程


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ