検索結果
ふるさと紀行明治は甦る〔17〕森鴎外・夏目漱石住宅 テレビ番組
番組ID

007366
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1985.07.27

分数

12

ジャンル

教育・教養

放送局

東海テレビ放送(THK)

製作者

東海テレビ放送(THK)

制作社

東海テレビ放送(THK)

出演者

語り:吉村功

スタッフ

制作:古橋寛一、制作:後藤満喜男、制作:田中信之、演出:森下修男、演出:西沢周基、音楽:藤掛廣幸、撮影:福田斤一、撮影:税所彬

概要

夏目漱石が本郷区千駄木の借家に入ったのは明治36年(1903)、イギリス留学から帰国した直後のことであった。木造平屋瓦葺、明治中頃を象徴する東京山の手の典型的な中流住宅である。偶然にも森鴎外もこの借家を住居とした。明治の二大文豪が時を隔てて同じ家に住んだことになる。本郷界隈を歩くしかつめ顔の漱石を想像し、名作「三四郎」の創作の道筋をたどる。漱石と鴎外、2人の作家の足跡を追いながら、作品の人物像に託したものを、この住宅を通じて描く。◆森鴎外・夏目漱石住宅


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ