検索結果
向田邦子新春シリーズ 風を聴く日 テレビ番組
番組ID

005265
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

1995.01.09

分数

94

ジャンル

ドラマ

放送局

TBSテレビ

製作者

カノックス

制作社

カノックス、TBSテレビ

出演者

田中裕子、小泉今日子、鶴見辰吾、林美穂、四谷シモン、中村扇雀、高田敏江、藤田敏八、小林滋央、亀谷遊、松田隆治、風吹ジュン、菅原謙次、加藤治子、ナレーション:黒柳徹子

スタッフ

脚本:金子成人、原案:向田邦子、音楽:小林亜星、撮影:西館博光、照明:海老原靖人、音声:中村徳幸、音響効果:藤崎昭彦、調整:山崎悟、編集:高野謙一、MA:伊東謙二、美術制作:平野裟一、美術制作:高田圭三、デザイン:後藤洋、衣装:桧山勇、衣装:片山信雄、化粧:石田伸、かつら:中村さき、かつら:安田明代、タイトル:高橋雅枝、制作補:森本紀久子、演出補:千葉行利、演出補:蔦川裕行、記録:幸縁栄子、技術:石垣力、企画:逸見稔、プロデューサー:三浦寛二、プロデューサー:太田登、演出:久世光彦

概要

父親の家出によって女三人になった家に、戦争未亡人になっていた長女が帰ってくる。義弟との縁談が持ち上がって動揺している彼女は、父が女と暮らしていることを知って悩む。家族、男女の熱く静かな葛藤を描く。◆昭和14年。原沢家は昨年の父の家出で母・里子、次女・晶子、三女・愛子の三人になっていた。そこへ病がちの母の世話をするためといって長女・絹子が嫁ぎ先から帰ってくる。夫が戦死しても嫁として暮らしていた絹子の突然の里帰りに、里子は絹子が恋をしたのではないかと感じる。一方、家を出た父・浩二郎を晶子が街で見掛けたことから、絹子は父が女と暮らしていると知るが、母には話せない。ところが正月を控えたある日、父が突然帰ってきた。

受賞歴

放送文化基金賞(第21回ドキュメンタリー番組部門優秀賞)


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ