イベント案内 - 過去のイベント

【番組上映会】  被爆地・ヒロシマと平和への祈り 番組上映と紙芝居"折り鶴の祈り"・展示

 広島で被爆し、白血病で12歳の短い人生を終えた少女・佐々木禎子(サダコ)さん。
 サダコさんのお話を、テレビ番組や紙芝居、ポスター展示などで分かりやすくご紹介します。
 みなさんがいま、“サダコさん”を学ぶことが、平和や毎日のくらしの大切さを知ることにもつながります。
 夏休み、親子で、お友達で、ぜひご一緒にご参加ください。


  • 日時 : 2014年8月15日(金)-17日(日) 10時00分−17時00分
  • 会場 : 情文ホール(横浜情報文化センター6階)
  • 主催 : (公財)放送番組センター
  • 協力 : 広島平和記念資料館
  • 入場 : 無料

1.番組上映会 事前申し込み不要
◆8月15日(金)-17日(日) 10時30分から
 NHKと民放テレビ局制作の、原爆に関連する番組を上映します。アニメを取り入れた、分かりやすい番組もあります。

 上映番組とスケジュールは こちら


2."サダコと折り鶴"展 事前申し込み不要
◆8月15日(金)-17日(日) 10時00分-17時00分
 広島平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルとなったサダコさんは、"ツルを千羽折れば病気がなおる"と信じ、病床でツルを折り続け、生きることを祈りました。広島平和記念資料館からお借りした、サダコさんの一生と原爆の被害、平和の大切さを伝えるポスター「サダコと折り鶴」合計26点を特別に展示します。 


3.紙芝居"折り鶴の祈り"と平和メッセージ 事前申し込み必要

◆8月17日(日) 13時30分-15時00分(13時開場)
 佐治麻希(さじ・まき)さんは、サダコさんの物語の手作り紙芝居を作って、長年、全国各地を語り歩いています。
 その活動を紹介した番組『尼になる前に』(静岡第一テレビ 25分)をご覧いただきます。続いて、麻希さんから紙芝居"折り鶴の祈り"と、平和への祈りを込めたお話をお聞きします。 

※当日の様子をこちらに掲載しています。

<申込み・問い合わせ先>
放送ライブラリー
〒231-0021 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
TEL 045(222)2828

※ご提供いただいた個人情報は、本催事の抽選の結果をお知らせする目的のみに使用します。
※未就学児の入場はお断りさせていただきます。

  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ