イベント案内 - 過去のイベント

【セミナー】  CM上映会 2011 第58回カンヌライオンズ 入賞作品上映会

 世界に数ある広告賞の中でも最大級の規模を誇る「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(旧称:カンヌ国際広告祭)」。毎年6月、1週間にわたって南フランスの保養地・カンヌ市で開催される広告コンクールで、期間中は世界各国から1万人近い業界関係者が集まります。今年は2011年6月19〜25日に行われ、13の部門に過去最高の28,828作品(日本からは801作品)が参加しました。今回、日本の参加作品はフィルム部門で銀賞・銅賞を受賞するなど、8部門で合計26のトロフィーを獲得しました。
 この上映会では、日本代表審査員として現地で選考にあたった講師が、グランプリをはじめ入賞作品の中から選んだ秀作CMを上映、審査会場の様子を交えながら解説しました。


  • 日時 : 2012年1月28日(土)13時30分~16時(13時開場)
  • 会場 : 情文ホール(横浜情報文化センター6階)
  • 講師 : 新妻英信 フィルム部門日本代表審査員
         (株)博報堂シニア・クリエイティブ・ディレクター
  • 主催 :(財)放送番組センター
  • 協力 :(株)東映エージエンシー
         <カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル日本代表>
  • 入場 : 無料(抽選で200名)

<講師略歴>

新妻 英信(にいづま・ひでのぶ)
 1985年 東京大学文学部卒業、博報堂入社。CMプランナーとしてキャリアをスタート。アルコール・飲料、自動車、食品、電器メーカー等幅広いクライアントを担当。中でもホンダの「CIVIC Message」「Do you have a Honda?」「The Power of Dreams」キャンペーンではクリエイティブ・ディレクターとして高く評価された。2005年9月、博報堂フランスに転勤。ホンダのイタリア・フランス・スペインをカバーする広域CDに就任。09年に帰国してからも国内外の領域をカバーするCDとして活躍。ACC賞、毎日広告デザイン賞、IAA日本ベスト広告賞、タイムズ・アジア・パシフィック広告祭、釜山国際広告祭などでの受賞歴を持つ。

  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ